ふるめろブログ

フルーツにメロメロの26歳によるフルーツメインの雑記ブログです。

アドセンス合格記
キウイジャムの作り方。
バナナって同じじゃない?購入レポ
もう失敗したくない!美味しい柿の選び方。

記念日デートにぴったり!金舌に行ったら必ず食べたいおすすめメニュー【口コミ】

f:id:levelone:20201117153011p:plain
みなさんこんにちは、ふるめろです♪♪

 

 高級感があって、美味しくて、そこそこリーズナブル!

記念日には彼氏彼女が喜ぶ姿を想像しながら、そんなお店を探しますよね!

 

 そんなときは、金舌(きんたん)に行きましょう!

 

白金台と赤坂に店舗があるのでデートのあとに行きやすいうえに、2人でお腹いっぱい食べても2万円ほどの金舌は、記念日ディナーにピッタリです。

 

 そこで 今回は、「初めてのお店でも失敗したくない!金舌に行ったら必ず食べたいおすすめメニュー」を紹介します。

静かで個室もあるので、ぜひ記念日に行ってみてください!

 

 

雲丹プラチナユッケ

f:id:levelone:20201117142022j:image

これを目的に金舌に行く人も多い、定番メニューです。

極薄にカットされていて、口に入れた瞬間なくなります。

 

  • プラチナユッケ ネギと卵黄のみ 2800円
  • 雲丹プラチナユッケ 雲丹が山盛り 3200円
  • トリュフと淡雪塩のプラチナユッケ トリュフと卵黄と淡雪塩 3800円

 

プラチナユッケは、この3種類があります。

大きさは、ビザのMサイズくらい。

どれを食べても絶品です!

 

氷温熟成国産牛 牛タンステーキ(ウェットエイジング)

f:id:levelone:20201117142046j:image

ウェットエイジングのタンは、ぷりぷりどころかぶりんぶりんの容赦ない歯ごたえ。

 

やわらかいのにタンらしい食感もあって、添えてあるスダチをかけたら悶絶するおいしさです。

 

 

三十日熟成 金舌(ドライエイジング)

f:id:levelone:20201117142112j:image

お店の名前にもなっているこの金舌。

食べないわけにはいきません!

 

ウェットエイジングのタンと違ってドライエイジングの金舌は、表面がカリカリしてて香ばしいタンです。

噛めば噛むほど旨みが溢れ出てきて、飲み込みたくないおいしさ。

 

 

 

日本一のレバー

6kgのレバーから900gしかとれない希少部位を使用。

富士の溶岩石で炙って食べます。

 

仕入れができた日にしか食べられない、とっても貴重なメニューです!

 

f:id:levelone:20201117142135j:image

このメニューを頼んだら、先に溶岩石がきます。

激アツなので触らないようにしてください。

 

f:id:levelone:20201117142152j:image

続いて、来ました生レバー!!!

 

表面はカリカリなのに、中はとろとろで身も心もとろけました。

レバーなのに臭みは全く感じません。

レバーの概念くつがえされますよ!

 

肉の魔球

f:id:levelone:20201117142220j:image

肉の魔球って、どんなネーミングセンスしとるん!って思ったそこのあなた。

名前の由来は、口に入れた瞬間に消えてなくなるからだそうです。

 

消える魔球の正体は、肉寿司です。

 

こいつまじで消えんで!!!

なめたらあかんで!!!

 

 

 2万円で大満足

2人でお腹いっぱいまで食べて2万円でした。
正直もっと高い予想をしていましたが、意外とリーズナブル。

 

店内はとっても静かで、清潔感もあります。
2階には個室もあるので、プライベート空間もバッチリ。

 

記念日などの大事な日に、ぜひ行ってみてください。

 

 

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます!

 

ランキングに参加しています!
応援クリックしてもらえたら嬉しいです!!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

このブログははてなブログで運営しています。
 読者登録はこちら