ふるめろブログ

フルーツにメロメロの26歳によるフルーツメインの雑記ブログです。

ブログを始める前に考えていたこと
【久米島旅行】持って行って便利だったアイテム8選。
有田焼「TYパレスプレート」がおしゃれで使い勝手が良すぎた話
瀬戸ジャイアンツのおいしさを知ってほしい!味や食感レビュー。

【奥多摩】スリル満点!しだくら吊橋は本当に怖かった。

f:id:levelone:20200902183929p:plain

いつも見てくれている人も、はじめて見てくれている人もありがとうございます。

 

今回は、東京奥多摩の「一度に5人以上渡ってはいけない」スリル満点のしだくら吊橋を紹介していきます!

先に言っておきますが、まじで怖かったです...。ガクブル

 

 

 場所

場所はここ。

見ての通りガッツリ山の中にあります。

途中まではちゃんとした道があるのですが、近づくにつれて道幅が狭くなります。

運転に慣れている人じゃないと、かなり怖い道です。

 

車で行くのが一番ですが、奥多摩駅からでているバスでも行けます。

小板屋バス停で降りて歩いて10分なので、散歩がてら行くのもいいですね^^

時刻表などは、こちらにのせておきます。

 

しだくら吊橋とは

f:id:levelone:20200902164642j:plain

 

しだくら吊橋の入り口に看板がありました。

はじめは丸太をツルでしばっていただけなんて、怖すぎにもほどがあるっ。

今もじゅうぶん怖い吊橋ですが。

 

そのしだくら吊橋はこちら!

3、2、1、、ドーーン!

 

f:id:levelone:20200902165015j:plain

 

 わかりますか?

この信用できない雰囲気。

 

注意書きあり

橋の入り口には、「5人以上で渡らないでください」の張り紙と、

「3人以上で渡らないでください」の2枚の張り紙がありました。

 

いったいどっちを信用すればいいのでしょうか。

怖かったので、2人で渡りましたが、相当揺れました。

 

f:id:levelone:20200902173933j:plain

 

足元の板はガタガタ。

ところどころゆるい板も。

 

 多摩川にのみこまれそう

f:id:levelone:20200902174652j:plain

 

橋からは多摩川がみえます。

岩に囲まれた川で、落ちたら終わりだなと。

 

f:id:levelone:20200902174859j:plain

 

下を覗いたら足がふるえました。ガクブル

好奇心で見るもんじゃないですね。

 

橋のむこうにあるもの

f:id:levelone:20200902175230j:plain

 

渡りきったむこうは、森が広がっていました。

ちゃんと整備されていて、きれいな森です。

小さい祠(ほこら)もありましたが、写真を撮り忘れたので行ったときに見てきてください^^

 

 帰りもまだ怖い

 渡り切った先は行き止まりなので、同じ橋を渡って帰るしかありません。

 

f:id:levelone:20200902180106j:plain

 

一度渡ったからって安心するべからず。

 

何回渡っても怖いものは怖い。

 

しだくら吊橋に行くときの注意点

奥多摩の山の奥にあるしだくら吊橋。

行くときにはいくつか注意したほうがいいことがあったので、まとめておきます。

 

1、夜にはいかないほうがいい

明るいときに行っても身の危険を感じたので、夜に行くのはやめたほうがいいです。

街灯もなにもありません。

明るいうちに行きましょう。

 

2、運転は慣れた人じゃないと怖い

途中から道がすごく細くなります。

対向車とすれ違えないくらいの道です。

しかも山道でカーブが多いので、慣れている人に運転してもらいましょう。

 

3、ハイヒールは絶対ダメ

ハイヒールは絶対やめてください。

足元が不安定なので、こけます。

 

 

 しだくら吊橋は怖いけど楽しい

しだくら吊橋は、ものすごく怖いですが総合的に楽しい場所でした。

 

ただ、足元がすかすかで不安定なので、ちびっこやおじいちゃんおばあちゃんにはおすすめしません。

 

若いカップルやグループには大変おすすめできます!

吊橋効果を存分に発揮する橋なので、ドキドキ感を味わいたい人はぜひ行ってみてください。

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

 

ランキングに参加しています。
応援クリックしてもらえたら嬉しいです。 

ブログランキング・にほんブログ村へ