ふるめろブログ

フルーツにメロメロの26歳によるフルーツメインの雑記ブログです。

ブログを始める前に考えていたこと
【久米島旅行】持って行って便利だったアイテム8選。
有田焼「TYパレスプレート」がおしゃれで使い勝手が良すぎた話
瀬戸ジャイアンツのおいしさを知ってほしい!味や食感レビュー。

新卒でリラクゼーション業界に就職した理由

アルバイトの求人募集でよく見るセラピストの求人ですが、応募すればよっぽどのことがない限り採用されるでしょう。

働くにあたって敷居の低いセラピストの仕事に新卒で入社した 理由をお話しします。


f:id:levelone:20200612173548j:plain

<a href="https://www.photo-ac.com/profile/2772226">するめいぬ</a>さんによる<a href="https://www.photo-ac.com/">写真AC</a>からの写真

 

手に職がつけられる

まず1番の理由がこれです。


なにか他人と違う技術が欲しかった。(あの頃は)

 

手に職をつけるメリットとしては、その業界がなくならない限り、仕事がなくならないことだと思います。

さらに、一度ついた技術はブランクがあったとしてもなくなりづらいので、産休育休を取ったとしても復帰しやすいんじゃないかと。

 

そしてたくさんある技術職のなかでリラクゼーション業界を選んだのは、

人の手で施術することで良さが出るリラクゼーションは、今後AIが進出してきてもなくならない業種だろうと。


ない頭で考えた結果です。

 

全国どこでも働きたい店舗が選べる

f:id:levelone:20200612174343j:plain

<a href="https://www.photo-ac.com/profile/810857">fujiwara</a>さんによる<a href="https://www.photo-ac.com/">写真AC</a>からの写真

私が入社した会社は、希望店舗配属でした。

なので、将来結婚してもし旦那さんが転勤になったとしても、転勤先で同じ仕事ができることが入社を決めた理由の1つです。

 

でも希望店舗配属であれそもそもその店舗に空きがないと希望は通らないわけで、安易な理由で決めたなーと思います。

 

就活時代の自分にもっとよく考えろと言いたいですね。

 

歩合制なので、頑張ったら頑張っただけお給料が上がる

f:id:levelone:20200612174147j:plain

<a href="https://www.photo-ac.com/profile/2243332">雰囲気イケメン</a>さんによる<a href="https://www.photo-ac.com/">写真AC</a>からの写真

これ、私のなかで結構重要でした。

勝手なイメージですが、正社員(事務や営業、品質管理など)はいくらがんばっても給料にはひびかないからやる気が出ないと思っていました。

今となっては、「ボーナスがあるではないかボーナスが!!」と学生時代の自分のあさーーーーい考えに文句を言い放ってやりたいです

実際、リラクゼーションの仕事は歩合のところが多いので頑張った月は頑張っただけ給料は上がるし、さぼった月はそれだけの給料しか入らない。

月単位でがんばりが給料に反映されるので、成果がみえるのがはやくてやる気がでました。

ボーナスは会社にもよりますがだいたい半年単位での反映だとおもいます。

4月にがんばって成果を出したとしても、その成果を報酬としてもらえるのは何か月も先。


もちろんそのほうが頑張れる人もいると思いますが、私ははやくほしかった。(笑)

昇進が自分の実力次第で先輩に左右されない

f:id:levelone:20200612174639j:plain

<a href="https://www.photo-ac.com/profile/810857">fujiwara</a>さんによる<a href="https://www.photo-ac.com/">写真AC</a>からの写真

これも大事でしたねー。

私は、リラクゼーション業界と並行してブライダル業界も面接を受けていました。

面接が進むにつれてわかってきたのは、昇進していくには前任者が昇進するか辞めるかしないと、後輩は昇進できない仕組みになっているということです。(本当かどうかはわかりません。)

私が受けた1社だけの話かもしれませんが、当時の私には衝撃的な事実で、確かめもせずブライダル業界全部がこの仕組みになっていると勘違いしてしまいました。
自分がどれだけ頑張って成果をだしても、空きがないと昇進できないなんてありえないと。

リラクゼーション業界は、セラピストのランクに人数制限はないので、自分の技術に応じてランクアップすることができます。(試験に合格すれば)

他人に左右されず、自分の腕次第でどんどん進んでいけることが魅力的でした。

自分にしかできない仕事がしたい

f:id:levelone:20200612174810j:plain

<a href="https://www.photo-ac.com/profile/810857">fujiwara</a>さんによる<a href="https://www.photo-ac.com/">写真AC</a>からの写真

やりがい系ですね。

事務とか、販売とか、誰か代わりがいる仕事じゃつまらないと思っていました。
自分じゃなくてもできる仕事は、すぐ辞めそうだなーって。

リラクゼーションの仕事は、人によって手の形がちがうので、一人として同じほぐし方の人はいませんしトークや接客も異なるので、その違いで気に入ってもらえたら指名につながります。

自分にお客様がついてくれる感じです。

指名を受けたらうれしいのなんので、もっと頑張ろう!って気持ちになりました。
そのお客様は、他のだれでもない自分を指名してくれているのだから、まさに自分にしかできない仕事です。

 

まとめ

セラピストの仕事は、

 

  • 手に職がつけられる
  • 会社によっては希望店舗で働ける(空きがあれば)
  • 成果がすぐ給料に反映される
  • 自分次第で昇進できる
  • 代わりがいない仕事

 

この5つが魅力なお仕事です。

 

退職した今も、家族の体をほぐしてあげたり自分の体をメンテナンスしたりと、

なにかと登場する場面が多いので、働いててよかったと心から思います。